<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
くやしいけど・・・
f0094164_136638.jpg


120分も死闘を続けたのにあの一瞬で終わってしまった。

ブブセラの音だけが耳に残る・・・・。


くやしい。
くやしすぎる。
これが、勝負の世界なのね。


でも、その反面すがすがしい気分。

大会前のもやもやした試合運びとは違って選手は、一丸となって戦ってくれた。
そして、結果もついてきた。
アウェイでベスト16進出は悪くない。
(上を目指したいので大満足とは言いません)


W杯出場だってまだ4度目。

日本のサッカーはまだまだこれからですものね。

この大会で世界からの日本サッカーに対する評価も変わったし、
今後日本がどう成長していくのかがとても楽しみです。



最後に試合後の岡田監督の
「本当にこれだけ頑張ったので勝たせてやりたかったけど、わたしの力が足りなかった・・・。」
という言葉が深く心に残りました。

選手に対する愛情がじ~んと伝わって来たし、
日本人監督だからこそ出た言葉なのではとも思いました。



岡田監督、選手の皆さん、感動をありがとう。





f0094164_1342497.jpg


のんちゃんの睡眠が良い方向に向いてきました(^ー^)

昨日と一昨日の昼と夜、すべてベビーベッドでの寝かしつけに成功し、
今もベビーベッドでお昼寝中です。

しかもこの2日間、夜泣き無しです。


わ~い\\(^0^)//


単純に、指しゃぶりをしないことに慣れてきただけなのかも知れないけど、
赤ちゃんの頃に、やっていた‘睡眠儀式’も最近はなあなあになっていたのだけど、
久しぶりに地道にやっていました。

・昼間は太陽を浴びるようにする
・午後の昼寝後も身体を使って遊ばせる
・お休みミュージック(子守唄CD)を聞かせる
・お風呂に入れたら30分以内に寝かせる


どれも大したこと無いのだけど、お風呂に入れたら30分以内に寝かせるというのが
結構効果あったように思います。

毎日、お風呂に入る=寝るということを繰り返すことによって
身体が覚えてしまい、お風呂に入ると自然に眠くなるのです。

昨日はお昼寝が3時間と長かったので、夜はなかなか寝ないかも?と思っていたのに
いつもど同じ時間にお風呂に入れた20分後にはリビングでウトウトしだし、
ベッドに入れると直ぐに寝ちゃいました。

おかげでサッカー観戦に集中できたし、
この1カ月間毎晩のような夜泣き&W杯(これはのんちゃんは関係ないけど)で
すっかり寝不足だったのがようやく解消されそうです。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-30 14:00 | ひとりごと
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島Vol.21 DAY6-2
f0094164_1302097.jpg


約50分のフライト後、バンコクに到着。
サムと違って天気はどんより。。。
サムのホテルで、バンコクの情勢をチェックした時に、
天気も良くないって知ってたのに何故かがっかり(^^;)

フライトは問題無かったです。
となりのタイ人女性がしきりに「うちの娘は2歳だけど、50分もじっとしていられない。」と
しきりに感心していました。

いやいや、照れるぜ(^^)







f0094164_136431.jpg

空港から40~50分程タクシーで走ってホテルに到着。
タクシー代は300バーツくらいだったような・・・。
サムイでホテルからチャウエンまでたったの15分で300バーツだったとこを考えると
高速代を入れてもこの料金。
やっぱメーター付タクシーって素敵。





f0094164_1373853.jpg

さて、今夜のホテルはスクンビッドエリアにある比較的新しい
シンガポール系の5★ホテル「グランドミレニウム ホテル」です。
HISにて一泊泊まるだけ9000円。(安っ)

直前に、市内中心部から泣く泣く変更したホテルだったけど、
ロビーはスタイリッシュで素敵。

長岡にやってきてからしばらく目にすることが無かったアーバンな空間。
ダーリンと私は、二人揃って「久しぶりの都会だね~。」なんてしみじみ。

※長岡が嫌という訳ではないです。
  長岡は自然がいっぱいでとても良いところなのだけど、
  私たち夫婦は、やっぱり地元横浜が好きだし落ち着くのです。



f0094164_13105520.jpg

館内は吹き抜けになっていてかなり凝ったデザイン。
でもだからなのか?
フロントは3Fまでの吹き抜けで一端天井があって、
そこからまた吹き抜けになっている(↑画像右)のだけど、
客室フロアはエアコンレスです。。
エレベーターを降りた途端暑いです。

「あ~、そおいうことね~。」と納得。
何が納得かと言うと、口コミで評価が真っ二つに分かれていたの。
素敵という人と、5★とはとても思えないと言う人。

確かに、前回泊まったペニンシュラはちゃんと客室フロアもエアコン効いていたし、
こおいうところが、評価を落としてるのね(^^;)
でも、ぜんっぜんOKよ~。
だって、ペニンシュラの1/3近い料金なんですもの。。
文句なんてありませぬ。






f0094164_13281374.jpg

お待たせしました。
お部屋でーす。
鏡に私が写ってるけど気にしないでくださ~い。。
鏡が大き過ぎてどうやっても写らないのは無理だったので、
諦めて私も登場しちゃうことにしたのでした。
ついでにのんちゃんの頭も写ってるけど、見逃して~。





f0094164_1332551.jpg

お部屋は口コミ通り狭いです。
でも、サラサムイも狭かったから問題な~しっ。

最初に予約していたホテルは、1ベッドルームでキッチン付きのと~っても
広いお部屋だったんですけどね~。





f0094164_13352165.jpg

そんなことよりも、ダークブラウン×ベージュの落ち着いたインテリアが落ち着くわぁ。
スタイリッシュなインテリアってやり過ぎると疲れちゃうんだけど、
ここは程良くスタイリッシュでなおかつシックな色使いでかなり好みっ。






f0094164_134089.jpg

ダーリンと私がこのホテルは落ち着くな~と思った一番の理由がコレ(↑画像右)。
トイレが独立していこと。

やっぱりトイレは個室が一番。
なんかオブジェがう〇ちみたいだけど・・・(^^;)

サラサムイもトイレが独立していたら、
更に良かったのにつくづくこの点は残念。

シンクが1ホールしかないのも5★としてはどう??って思うけど、
このお値段だし、他が気に入ったのでマイペンラ~イ。


他にもバスルームの床の目地のお掃除があんまり・・・・とか、
絨毯に染みがあったり、いろいろあるけど上記理由でマイペンラ~イです。
スーツケース置き場があったのも◎。(コレもサラサムイには無かった)





f0094164_13471311.jpg

私が部屋の写真を撮っている間にのんちゃんがあんなところに・・・・。





f0094164_1348872.jpg

田舎育ちの のんちゃんは、12Fから見える窓の景色に夢中なのでした。






つづく・・・。

次回はいよいよ最終回です。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-29 13:15 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.20 DAY6-1
f0094164_1353798.jpg


旅行6日目の朝。
ここでの朝食もこれが最後。
奇麗じゃないと文句を言いつつもやっぱ海だよね~と
海を眺めながら最後の朝食を採りました。




f0094164_1383993.jpg

部屋に戻り、フロントにチェックアウトの電話をして荷物を取りに来てもらい、
自分たちもフロントへ。
「昨夜はお世話になりました。」と心の中で呟きながらチェックアウト。

そう。
昨夜は、フロントにお世話になりました。
だって、私ったらこの日のフライトコンフォメーションを印刷して持ってきていたものを
間違えて捨てて決まったんだもの(^^;)

翌日のフライトNoどころか、時間もAMだったという程度にしか覚えていない私。
焦ったわ~。
だけど、ホテルを予約した時にフライトNoと時間を聞かれたのを思い出して
フロントが知ってるはず?と尋ねたところ、フライトNoと時間を教えてくれただけなく、
何時に空港へ向かへば良いかも教えてくれました。

部屋に戻ったらホテルからのThank you Letterが届いていて
そこにも時間がしっかりと書いてあったのでわざわざ聞きに行かなくても良かったんだけどね。

こおいうサービスがアジアンリゾートよね~。
アメリカ系のホテルだと、そんなサービスあるわけない・・・ですもんね。
(実際にマウイ島に行った時に、時間の計算が甘くてフライトに乗り遅れた経験あり)
ほんとに助かりました。





f0094164_1316367.jpg

サムイ島のエアポート。
通路の両サイドにショップが並んでいて、どこかのショッピングモールみたい。
暑くて歩いていらんないけど(^^;)






f0094164_1332866.jpg

キッズ広場は成田のものよりも、ずっとず~っと広くて遊具もたくさんありました。





f0094164_13335257.jpg

で、ここが出発ゲート横のラウンジ。
画像には写ってないけど天井には大きなシャンデリアがあって
まるでリゾートホテルみたい。
ちょっとしたおつまみも無料でいただけて、かなり居心地良いです。





f0094164_14211161.jpg

バンコクエアウェイズの機体には‘HIROSHIMA’と書いてあり、
離着陸時の音楽(そんなものが流れるってのがハイクラスな航空会社だわ)も
ジブリや北野 武等の映画音楽で有名な久石 譲の‘レスフォニア’でした。
なにか日本と関係があるのかしら??

[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-28 13:28 | 旅行記
寝不足な日々
f0094164_134972.jpg


日本代表やりましたねっ。
決勝トーナメント出場決定です。

いや~、良かった良かった。

正直、大会が始まるまでは全く期待していませんでした。
それまでの、試合で長らく白星を見ていなかったんですもの。

それが始まった途端、まるで別チームのように気持ちの籠ったプレーが見られ、
守備はいい感じだな~なんて思っていたら、
今日のデンマーク戦では遂に得点3点!!
引き分けでOKとういう状況で勝ちに行ったチームがカッコ良かった。

最後のダメだしの1点なんて、完全にデンマークの息の根を止めましたね。
さすがにそこからは、勝利を確信して観ることが出来ました。

とにかく勝っても1-0だと思っていたので、
この得点には良い意味で期待を裏切られました。
得点力不足なんて過去の事だって思いたい。

期待せずに始まったW杯だけど、試合ごとに良くなっていってるし
いい夢をみさせてもらっています。

どうかこの夢が今後も続きますように・・・。







f0094164_14195539.jpg

さて、昨夜はこの試合を見る為に張り切って11時に布団に入りました。
予定では3時30分に起きるつもりでしたが、のんちゃんに11時半に起こされました(T T)

最近は毎晩のように夜泣きするんです。
しかも一度泣くと長い。

夜中だってのにパジャマ(部屋着)のままベビーカーで散歩に行き、
なんとか気を落ち着かせたと思ったのに、
ベッドに入れた途端、また号泣。

仕方なくリビングへ連れて行くと直ぐに寝てくれました。

指しゃぶりを辞めさせてからベビーベッド嫌いになったのんちゃんだけど、
やっぱりそれまでの人生の殆どをベビーベッドで寝ていたので、
一人じゃないと眠れないよう。

8時に寝かしつける時は、まだのんちゃんだけなので
私たちのベッドで寝てくれるのだけど、
私たちがベッドに入り少しすると、暑いのか狭いのか目が覚めちゃうんですよね。

で、そうなると絶対に眠れないらしく、エンドレスで号泣。

まあ秘策(リビングで寝かせる)が今のところ勝率が良いので助かってるけど、
これもいつまでもつやら(^^;)
ってか、寝室の床に布団を敷いてもダメなのに、
なんでリビングのラグだと速攻寝てくれるのかしら??


意味分かんないです。


ベビーベッドで寝ていた頃は夜中に目が覚めても号泣なんてしなかったのに・・・。

今月に入ったくらいから昼も切れやすくなった(癇癪を起こしやすい)し、
それがそのまま夜にも出ているということなんでしょうね。

これ、いつまで続くのでしょう?





※画像は珍しく昼寝の後泣かなかった日。
 泣いてないけど、上半身下着姿。自分でお洋服を脱いじゃったのでした(^^;)

[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-25 14:13 | ひとりごと
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.19 DAY5-4
f0094164_1248525.jpg


サムイ島最後の夕食に選んだのは、前日と同じ‘ピースン’
だって安いんだもん(^-^)

この日は、日本から持って行ったBFを食べきってしまったので、
のんちゃん用におかゆをオーダーしたら
「For Baby?」と聞かれたので「Yes.」と答えると
辛くないものを作ってくれました。

おかゆをオーダーしただけなのにこの対応。
やるじゃん ピースン。

でも、のんちゃんはバクチーがダメなので一口しか食べてくれず(^^;)

あ~、失敗した。
バクチーも抜いてもらうんだったわ。





f0094164_1253184.jpg

明日は中華の予定なのでタイ料理の夕食はこれで食べ収め。
なので、お互いに今まで食べて美味しかったものをオーダー。
画像↑は、ダーリンのオーダーで蟹カレー。





f0094164_12553894.jpg

私がもう一度食べたかったタイ料理はコレ。
トムカーガイ。

でも、初日に食べた‘カオサン’の方が美味しかった。
やっぱり安いだけあってコクが足りないです。





f0094164_1257136.jpg

海老フライ。
普通です。






f0094164_12574992.jpg

そしてもう一品、どうしても食べたかったカオマンガイと、
屋台で売っていたソーセージを買ってホテルへ戻りました。





f0094164_1304545.jpg

バンコクにピンクの制服で有名なカオマンガイ屋さんがあり、
そこに行くのをと~っても楽しみにしていた私。
でも、デモ騒動で危険なエリア内にある為行けないことがわかり、
超~がっかり。
でも、やっぱり食べたいからピースンでの食事を腹8分目に押さえて
カオマンガイをテイクアウトしたワケです。

カオマンガイとはタイ風チキンライスで、ご飯にチキンを載せて甘辛いタレをかけて食べます。
日本でいう牛丼のようなもので、専門店で食べるのが普通です。


お味の方は、普通でした(^^;)
シンガポールが発祥地なのだけど、
シンガポールのものよりも漢方の臭いがしなくて好きかなぁ。





f0094164_1365151.jpg

部屋に戻ってから名残惜しくて少しだけホテル内を散歩。
サムイ島は法律で椰子の木よりも高い建物を建ててはいけないと
決まっているので、ワイキキビーチのような夜景は全く無いです。





f0094164_1316265.jpg

ライトアップされたプール。

ホテルにはバーが無く酒を飲みたい人はホテルの隣のバーに行っているようです。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-24 12:53 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.18 DAY5-3
f0094164_137786.jpg


のんちゃんをお昼寝させた後、パブリックプールへやってきました。
※写真を撮ったのは朝なので人がいません

ダーリンは部屋のプールでいいじゃんって言ってたけど、
私がどーしても来たくって・・・。





f0094164_13111590.jpg

だって見てください。
この気持ちよさそうなディベッド。
どうしてもここに寝転んでみたかったのです。






f0094164_13154041.jpg

それにねっ。
のんちゃんだって他の子供達と遊べたら楽しいかなって思って。

三屋根のついている部分が深さ50cmくらいの子供エリアです。
残念ながら、この日は子供はいませんでした。(他の日にはいたのにぃっ)





f0094164_13184935.jpg

f0094164_13215299.jpg


ここのプール。
ディベッドが少なすぎない??って思ったけど、
いつも比較的空いていました。
殆どの部屋に(確か80%)プライベートプールが付いているからなんでしょうね。
そんなところもポイント高いです。

そおいえば、サービスが無かったかも??
他のアジアンリゾートだとディベッドに着くなり冷たいお冷とおしぼりが出てきたり、
10時と3時にフルーツやアイスが出てきたり(無料)したけど、それが無かったような・・・。
あまり長い時間いなかったからわかりませんが。

でもスタッフの対応は良かった。
写真を撮った後カメラを置きに行こうとすると、すっと横から出てきて
カメラをディベッドに置いて来たり、靴を持っていってくれたり親切です。






f0094164_13293640.jpg

さて、のんちゃんはというとまたまたお砂遊びセットで水遊びを大満喫。

f0094164_13414261.jpg

子供エリアを抜け出して端の方の浅くなっている部分を歩きまわったり、
時々深いエリアにどぼんしたりしてパパは大変そう。
一度、はげしく転んで顔からどぼんしちゃったけど、
周囲の大人の驚いた顔をよそに本人はぜんぜんへっちゃら。

お風呂で毎日泣いているのはなんなんだ?

私は、お部屋と一緒で足が届かないのでのんちゃんのお世話はパスして
の~んびり、この景観を満喫していました。






f0094164_1344034.jpg

さて、今日は頑張ってもう一つのプールも紹介しちゃいますよ~。
サラサムイは、ビーチ沿いにプールが2つ並んでいます。
こちらのプールは蓮の花の咲く池?にぐるっと囲まれていてアジアンでアダルトな雰囲気。

三角屋根の部分は子供エリアではなく、スパ専用の東屋。





f0094164_1346381.jpg

ブラックプールに椰子が写り込んで雰囲気ありますね~。
多分、こちらは子供不可なんじゃないかな?
なので写真を撮っただけです。






f0094164_13504260.jpg

ティベッドはソファではなく普通のタイプのものでした。




f0094164_1354249.jpg

もひとつついでにビーチも紹介しちゃえっ。

ホテルを背に右側を見たビーチです。
ビーチ沿いにホテルがいくつか並んでいます。
ビーチ自体はイマイチなので海には殆ど入りませんでした。





f0094164_1356274.jpg

こっちはホテルを背に左側のビーチ。
遠くの岬の上には、老舗有名ホテル‘トンサイベイ’が建っています。
画像じゃ見えないけど、肉眼では見えました。

口コミでもとっても評判が良くトンサイベイもとっても悩んだのよね~。
でも、立地とプライベートプール付きの部屋に泊まりたいってことで、
サラサムイにしたんだけど、私たちにとってはこれが大正解でした。

トンサイベイはチョモンビーチの端っこにあるので、
ホテルの周りには何にもなく、ちょっとコンビニに行くにもタクシーに乗らなくてはならず、
面倒くさそうだな~と思ったから。

泊まってみれば、素敵過ぎてそれでも構わないって思うかもしれませんが・・・。
それか、バイクをレンタルすればいいかも?

因みにトンサイベイ。
日本人メチャメチャ多そう。(サラサムイは少ないです)
OPツアーのピックアップ時にこのホテルからたっくさんの日本人が乗ってきました。
帰りなんてトンサイベイホテルに泊まってる人だけ別の車でしたよ(◎。◎)!



f0094164_1422617.jpg

[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-23 13:12 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 VOL.17 DAY5-2
f0094164_13324623.jpg


ネットでバンコクの情勢を調べて部屋に戻るとダーリンから予想外の一言。
「バイクをレンタルして観光しない?」って。

実は、旅行前から私はレンタルバイクをダーリンに勧めていたんです。
これまたネットの口コミで安くて便利だと書いてあったので・・・。
でも、ダーリンが危ないからダメだって。
危ないと言われちゃ、それ以上何も言えずに素直にあきらめたのです。

それが、「やっぱさ。。タクシーだと自由に行動出来ないし、しかもボラれるし・・・。
折角来たんだから島内を観光したいじゃん??」だって。

だから、最初からそう言ったじゃんって言いたいのをぐっと我慢し
(ほんとはちょっぴり言っちゃったけど)
「じゃあ借りようか。」と軽く流しておきました。

はい。。我が家は喧嘩が少ないのですが、
私がイラっときても大人な対応で喧嘩するのが面倒くさくって口を噤んでしまうからです。
(ダーリンも我慢してるかもしれないけど)



って、そんな我が家の事情はいいとしてダーリンがホテルの近くで早速バイクを借りてきました↓
f0094164_13421480.jpg

二人乗り用です。
ダーリンがバイクレンタルの店員に「3人でもいい?」って聞いたら
「No.」と言われたのにメンツを説明したら「Baby,OK.」って言われたって。
Babyなら3人乗りもOKなんて、どんな国なんだか(^^;)
ヘルメットもかぶらないとつかまったら罰金なのですが、
ダーリンが借りて来なかったです。

まあ、暑いからいいか。→タイ人の事言えるか?

料金は24時間で200バーツ(600円)
安っ!!
ガソリンは入っていないのでその場で買います。(ペットボトルに入って売ってるの)




f0094164_13542045.jpg

運転はダーリン。
で、後ろに私が乗って真ん中がのんちゃん(抱っこ紐使用)

では、しゅぱーつ。。
きゃ~っ。気持ちいいっ。
のんちゃんも、バイクが楽しいみたいで右見たり左見たりキョロキョロ。
タクシーよりだんっぜん気に入りました。




前日のOPツアーの車の中から見えた、ホテル近くのお寺にやってきました。
ガイドブックだとこのあたりはビックブッタって書いてあるので、多分そこ。

多分とゆーのは、最初に暴露しちゃいますがあまりの暑さにのんちゃんがぐずったので、
ビックブッタを見ないで帰ってしまったんです(^^;)





f0094164_13593783.jpg

外は死ぬほど暑かったけど、建物の中はひんやりしていて涼しかったです。
のんちゃんも、元気に歩きまわっていました。





f0094164_1411951.jpg

でも、一歩建物の外へ出るとまたグズグズ。

しゃーない。。帰るか。





f0094164_1433163.jpg

一度ホテルへ戻り、折角バイクを借りたのだからと、
再びバイクに乗りチャウエンロードへ。





f0094164_14343567.jpg

ちょこっとだけ、チャウエンビーチを覗いてみることに・・・。

かびーーーん(死後)
ここの方がホテルの前のビーチよりぜんっぜんキレイ。
後日紹介しますが、ホテル前のビーチはほんとにイマイチなんですよね~。
でも、チャウエンビーチエリアは泊まりたいホテルが無かったから仕方ないかぁ。
毎度のことながらホテルは、立地を重視するか
ホテルそのものを重視するのか悩みますね。

f0094164_14334380.jpg

さてさて、今日のお昼はここ。
チャウエンシーフードセンター内にある名も無い食堂。
前日の夕食があまりにも安かったのですっかりこのエリアが気に入っちゃったのよね。

f0094164_1438231.jpg

あんかけ焼きそばと、タイ風オムレツをオーダーしました。
どっちも普通に美味しいです。
コーラは氷の入ったコップも出てきたのですが、
お腹を壊しそうで恐ろしくて使う気になれず・・・。

でも、ばっちり冷えていましたよ。

カメラを向けるとポーズを撮ってくれたお店のオーナーの子供たち二人。
かわいい~っ。

日本のTVアニメ‘パーマン’を観ていました。

やっぱり日本のアニメはどこに行っても人気なのね。




おまけ

f0094164_21492147.jpg

↑お水の入っているポリバケツ。
水道なんてありません。
もちろん、この旅一番のローカルなお店となりました。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-22 13:46 | 旅行記
はじめての子連れ旅行記 サムイ島 Vol.16 DAY5-1
f0094164_13483534.jpg

5日目の朝。
天気が良かったのでカメラを持って朝食のレストランへ向かいました。




f0094164_13495681.jpg

レストランはプールサイドにあります。
気持ちいい~っ(^-^)




f0094164_1351258.jpg

f0094164_13512743.jpg

ソファ席もありました。
のんちゃんが汚しそうなので座る勇気は無かったけど(^^;)





f0094164_13532473.jpg

席に着くと直ぐにこんなかわいいグラスに入ったお水を持ってきてもらえるの。
コースターも可愛くって好み♪





f0094164_13544278.jpg

で、肝心の朝食は種類が少ないです。。
5★ホテルに泊まってこんなに少なかったのは初めて。
かなりがっかりしました。
サラダ類が小皿に入っていたり、オサレなんですけどね~。
あっ、アラカルトならいろいろありましがよ。
でも、別料金払ってまで食べたくないとゆーのが私達の考えです。(朝食だし)





f0094164_1358134.jpg

子供用チェア、カトラリー類、お皿、コップ、お食事エプロン等々
なんでも揃っています。
スタッフによって持ってきてくれたり持ってきてくれなかったりサービスはまちまちだけど、
別に気にならなかった。
人によってはサービスを重視する人もいるけど、
私たちは、あまり過剰なサービスは必要としないタイプなので・・・。





f0094164_141780.jpg

朝食後、ダーリンとのんちゃんは部屋へ戻り私は寄り道。

続きはこちら
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-21 13:51 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.15 DAY4-2
f0094164_1353454.jpg


4日目の夕食は、口コミで人気のチャウエンシーフードセンター内の‘ピースン’
ホテルのシャトルバスだとかなりの距離を歩かなくてはならないので、
タクシーで行きました。
またまたしっかりボラれたのがちと辛い(^^;)

ここは、店長が日本語を少し話せるというのと、
ビーチ沿より1本奥には行ったところにあるので、現地価格でお食事が出来るので有名なんです。

どれぐらい安いかというと、メニューに載っている料理は全て50バーツ均一(150円)。

ねっ、ねっ??
安いでしょう?

で、トップの画像にあるように、店の入り口に並んだ海鮮類を調理してもらうことも出来、
それだと時価になります。(でも安いです)





では、食べたものをどーぞ(^-^)
f0094164_1403714.jpg

あんかけ焼きそば。
茶色い透明の麺。黒糖のような甘みがあって美味し~です。





f0094164_1421377.jpg

で、これが一番のお気に入りで魚のトムヤンクンスープ煮。
説明するまでも無い好きな味。





f0094164_144843.jpg

イカと海老のグリル。





f0094164_145443.jpg

以上、4品とビール3,4杯飲んで2000円くらいだったような・・・。
タクシー代が往復で1800円も取られたことを考えると
安く済んだだのかどうかも怪しい感じだけど、
チャウエンシーフードセンター内にあってローカル度抜群だし、
一度は足を運ぶべきお店だと思いますよ。

因みに↑のタクシー代、ホテルからお店までは12,3分くらい。

ありえね(怒)





f0094164_14441965.jpg

のんちゃんが寝た後、私だけ部屋を抜け出して、
またまたホテル近くのマッサージ屋さんへ。
かかとの角質を取ってもらいました。(300バーツ)
ガッサガサだった私のかかとがあっという間に、ツルツル&スベスベ。
うっひゃっひゃ。



おまけ

チャウエンロードのマップはガイドブックよりもずっとずっと詳しいこちらを印刷して持って行きました。
お勧めです。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-18 14:15 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島Vol.14 DAY4-1
f0094164_1333361.jpg


さて、ようやく4日目(サムイ島3日目)に入りました(^^;)

この日は、この旅行のメインイベント‘ナンユアン島 スノーケルツアー’に参加です。
前日に電話で‘ほうぼう屋’に申し込みました。

ピックアップは朝7時(早っ!!)

ホテルの朝食が始まる時間よりも早いので、朝食抜きでの出発。
ネットの口コミで、乗船待ちをしている間に、
簡単な朝食(パン)がもらえると書いてあったので、
そのつもりで行ったのに、ほうぼう屋さんのツアーではもらえませんでした。

それどころか、お水すらくれない。
今まで何度もこの手のツアーに参加したことあるけど、
大抵ペットボトルでお水がもらえるんです。
なので、今回も当然もらえるものだと思っていたので、荷物になるからと
あえて飲み物すら持ってこなかった私達。
※のんちゃんの飲み物は持って行きました。
どーすんのーーーーーーーっ(><)
聞けば、この時期島は40度近くまで気温があがるとか・・・。


飲まず食わずで1歳児連れで大丈夫??


不安で泣きたい気分で船に乗り込みました。





ほうぼう屋さん、朝食はもらえなかったけど、
さすが日本人経営の旅行会社です。
船に乗ると人数分の座席を景色の良い窓際にキープしてくれただけでなく、
希望者は酔い止めの薬までもらえます。
島までは2時間かかるので、スピードボートだと揺れが激しく酔いそうだと思ったので、
多少高くても日本人経営で大型船で行ける‘ほうぼう屋’を選んだのですが、
結果これが大正解でした。

船はエアコンが効き過ぎて、冷蔵庫みたいに寒いんだけど
予約の電話をした時に「エアコンが寒いので長袖の上着を持ってきてください。」と
アドバイスもしてもらったし・・・。

凍え死ぬのはなんとか回避できたけど、
飢え死にしそう。

な~んて思っていたら、
隣の席に座っていた中国人のオバチャンが、
のんちゃんにパンをくれたんです。あ~ん、ありがと~っ。
これで、なんとかなるかも?と思っていたら、なんと私とダーリンにも!?

40度近い気温の中、空腹でお昼まで耐えなければならないのかと思っていたので、
(ツアーに昼食が含まれていて時間にならないと食べることが出来ない)
ほんとうに嬉しかった~。






f0094164_1355990.jpg

そんなこんなで、飢え死にも凍え時にもせず(しつこいって)無事島に到着しました。





f0094164_13593979.jpg

それにしても暑いっ。
ほんとに40度近くありそう。

この島。
環境保護のため、ペットボトルの持ち込み禁止なんです。
(だからツアーで貰えなかったのね。ケチだと思っちゃったよ)
のんちゃん用に部屋のポットで作った麦茶の入ったペットボトルも没収されてしまい、
ストローマグに入った麦茶150mlがこの日の のんちゃんの水分。

‘ほうぼう屋’さんのHPに小さな子連れで参加されてる方の写真があったので、
安心してツアーを申し込んだのだけど、こんな過酷な環境にこんな小さな子供を連れて来て
本当に良かったの??と折角やって来たのに気分は落ち込むばかり。





f0094164_1455987.jpg

とりあえず、300バーツ支払ってパラソルとチェアをGetしました。





f0094164_14821.jpg

f0094164_1482629.jpg

ビーチもパウダーサンドではなく、珊瑚がゴロゴロしていて
はっきり言って好みじゃない。
ダーリンがシュノーケルをしている間このビーチをぼ~っと眺めながら
お迎えの船の時間になるまで帰ることは出来ないし、
こんなことならホテルのプールでのんびりしていた方が良かったと後悔していました。

で、30分後。
私のシュノーケルの番。

気が乗らないけど、水につからないと暑くて死にそう。
やるか・・・

と重い腰をあげて海に入ったらびっくり。

予想外にお魚がたくさんいて珊瑚も元気なんです。
離島でシュノーケルといえば、ボルネオ島(サピ島)でもやったけど
だんっぜんこっちの方がいいです。

きゃーーーーーっ、楽しいっ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ






f0094164_1418699.jpg

すっかりシュノーケルを満喫して戻ると、
のんちゃんも海に入ってとっても楽しそうに遊んでいました。

ダーリンいわく、しばらくパラソルの下で砂遊びをしていたけど、
暑くなったのか自分から歩いて海に入っていたのだとか。。


心配した過酷な暑さだったけど、ラッシュガードは面積が大きい分濡れると涼しい(寒い)ので、
問題なし。

帰りの時間までのんちゃんが飽きちゃうかも?って心配だったけど、
これも問題なし。
日本から持参したお砂遊びセットのおかげで、終始楽しそうでほんとに取り越し苦労でした。





楽しそうでしょう↓ 
昼食はしょぼくてカレーとバナナパウンドケーしかなかったので、BF持って行って良かった(^^;)
あ~んど、画像上段右。のんちゃんがお口に入れているのは珊瑚。
汚いっと思ったけど、気付いた時にはもうお口の中でした。
多分これが原因で・・・・
f0094164_14214017.jpg

な~んて言うと、とっても楽しかったみたいですが(実際にとっても楽しかったけど)、
やっぱり過酷でしたよ。

帰りの船がなかなか来なくて、猛暑の中1時間以上待ちました。
座るところも無いし、飲み物も無い状態で
のんちゃんがグズグズ。

仕方ないからコーラ(これしか売っていなかった)を買って
のんちゃんに、飲ませちゃいました。

でも、‘ほうぼう屋’さんのおかげで辛かったのは船を待っている間だけ。

「早めに船着き場で並んでいないと、席が足りなくなって2時間立って帰ることになる。」と
‘ほうぼ屋さん’のスタッフから忠告を受けていたので30分前から
並びに行ったのに、既に大行列。

2時間立って帰るのを覚悟しての乗船だったけど、
‘ほうぼう屋’さんのスタッフが私たちを見つけてくれ
こちらへどうぞとkeepしてあった席へ案内してくれました。

助かった~。

しかも、隣に座った中国人の女性がこれまた親切で、
船の中で使えるドリンクチケットをくれたり(私たちも持っていたので断ったけど)、
のんちゃんと遊んでくれたり、前日のレストランの店員といい、
外国人はとっても子連れに優しいです。



あっ、そうそう。

のんちゃんのジンボリーの水着とOobiの帽子。

どっちも主張していてとんでもなく目立っていたせいか、
「OH!! So~ Cute!!」
な~んて声を掛けられ、
欧米人だけじゃなくアジア人にもかなり写真を撮られまくっていました。

ついでに私たちも(^^;)
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-17 14:35 | 旅行記