カテゴリ:旅行記( 70 )
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.5 DAY2-3
f0094164_983967.jpg

空港からタクシーで15分でホテルに到着。
これから4泊お世話になる‘サラ サムイ’です。

ホテルは下記の条件で選びました。
・繁華街から近いこと。(車で15分以内)
・徒歩圏内に、エクスチェンジやコンビニ、ちょっとしたレストランがあること。
・お部屋にプールがあること。(のんちゃんが昼寝している間も退屈しないよう)
・素敵過ぎないこと。
 (凛とした空気が流れちゃっているようなホテルだと、子連れだと気を使い過ぎて疲れそう。)
・オン ザ ビーチで目の前のビーチが砂浜であること。
 (サムイは岩場が多いのです)
・キッズプールorキッズエリアがあること。




f0094164_9103643.jpg

こじんまりしたフロントの建物。




f0094164_912423.jpg

f0094164_9134236.jpg

中はシンプル。
どっちかっていうと、私はもっとば~んとゴージャスなフロントの方が
わくわくして好きですが、これも悪くないです。




f0094164_9211221.jpg

ウエルカムドリンクを頂き、チェックイン手続きを済ませ
「お部屋の準備はできています。」と言われたのに、
何故かツアーデスクのような部屋に連れて行かれ、ここで待つように言われました。
フロントはオープンエアーなのでエアコンの効いている部屋に連れて来てくれたのね。

で、待つこと30分。
いよいよお部屋へ案内されました。


ここで一気にお部屋を紹介したいところだけど、
のんちゃんが起きてしまったので、お部屋は次回紹介します。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-05-24 09:22 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.4 DAY2-2
f0094164_12515783.jpg


ホテルをチェックアウトし、いよいよサムイ島へ出発です。
空港へは宿泊料金に片道の送迎が含まれていたので、ホテルの車で送ってもらいました。

あんなに迷うんだったら行きに送迎サービスを利用すれば良かったのだけど、
口コミで送迎は他のゲストも一緒に乗るので空港でかなり待たされるって書いてあったので、
深夜着で一刻も早くのんちゃんを寝かせたかったので、
帰りに利用することにしたんです。




f0094164_1245299.jpg

バンコクエアウェイズのラウンジ。
チケットを見せれば誰でも利用でき、サンドウィッチ等のちょっとしたおつまみと
ドリンクが無料です。




f0094164_12471659.jpg

窓際2席を予約したら、隣が空席。
またもや、一人一席。

のんちゃんも、2度目なだけあって飛行機ではリラックスして
機内食のサンドウィッチを平らげました。
私のなんですけど・・・(^^;)




f0094164_1249503.jpg

50分のフライトを経てサムイ島が見えてきました。





f0094164_12533182.jpg

空港でひとまず記念撮影をして、タクシーの呼び込みを無視して
パブリックタクシー乗り場へ。

・・・・・・・・・・・。

ありゃ。。。

タクシー、1台も止まってないんですけど。

も~、これだから田舎は・・・。
待っていれば来るのかも分からなかったので、
来た道を戻り、先程声を掛けてきたタクシーの呼び込みに「タクシープリーズ」。
ホテルまでは400バーツだって。
高っ!!

バンコクで迷いに迷ってたどり着いたホテルまでの料金が
高速代を含めて90バーツ(270円)だったのに、400バーツってどういうこと??
だから、呼び込みのタクシーは嫌なんだよっ。

でも、タクシー乗り場にタクシーいなかったし、渋々OKしタクシーに乗り込みました。

この時は、今後タクシーにぼられ続けるなんて思ってもみなかったわ(^^;)
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-05-21 13:01 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.3 DAY2-1
f0094164_10562839.jpg


旅行2日目。

のんちゃん、5時に起床。
夜も1時にベッドに入れたのになかなか寝てくれなかったし、
いつもと違う部屋に落ち着かないのか、あんまり眠れないみたい。

私も、あまりの寝心地の悪いベッドに眠れず・・・。
前日もフライトが心配で眠れなかったので、ゆっくり寝たかったのに残念(T T)

ダーリンは爆睡。
どこでも寝れる人ってほんとに羨ましい。




f0094164_1121861.jpg

まずは腹ごしらえとロビーへ。
向かって右が朝食スペースで左がラウンジスペースです。
正面に見えているのが客室へと続く階段。




f0094164_114292.jpg

こーやってみると値段の割にお洒落なホテルかも!?
チェックイン時にモーニングコールの時間もこちらから言わなくても
聞いてきてくれるし。




f0094164_11141279.jpg

種類は少ないです。
期待してないからいいけど・・・。




f0094164_1116936.jpg

ラウンジスペース。

朝食スペースもラウンジスペースも結構人が居て、
トランジットホテルとしては人気があるみたい。



f0094164_11172670.jpg

で、これが外観。
あまりの湿度でカメラのレンズが曇ってしまいました。

ホテルの周りにはたくさん屋台があるので、
もう少し早い時間に到着するフライトだったら夕食を食べに行きたかったな。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-05-20 11:21 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.2 DAY1-2
f0094164_1122463.jpg


さて、今日はようやくサムイ島旅行記 Vol.2です。
実家帰省があまりにも楽しかったので
早くも記憶が薄れてきちゃっているけど、なんとかがんばります(^^;)




無事、フライトを終え空港についたのは夜11時半。
深夜着&フライトでのんちゃんが寝ない可能性もある(これは見事にあたった)ので
この日のホテルは空港近くの‘マリヤ ブティック レジデンス’を選びました。

けど、これ失敗でした~(T T)

空港で「タクシー?」と声を掛けてくる呼び込みを無視しつつ、
パブリックタクシー乗り場にやっと辿り付きホテルの名前を告げ地図を運転手に見せたけど、
なんとも頼りない運転手の顔。

大丈夫~?
もう日付も変わっちゃってるし一刻も早くのんちゃんをベッドで寝かせてあげたい。

不安を抱えたままタクシーは走り出したけど、
やっぱり分からないみたい。
途中車を止めて、どうやらホテルに電話しているらしい。
けど、応答が無い。

焦る私たち。
こんなことなら少し遠くても街中の有名なホテルにすればよかったって後悔。
実は、街中のホテルにしようってダーリンに提案したけど、
移動時間が勿体ないからと却下されたいきさつもあったので、
心の中で「だから言ったじゃん。」って何度もつぶやきイライライライラ。
このまま1時間も2時間も辿りつけなかったらどうしよう??

と、不安マックスな時タクシーの窓から見覚えのある建物を発見。
思わず日本語で「ここ、ここーーーーっ。」って叫んでしまいました。

あ~、良かった~。
ネットでホテルの外観チェックしておいて。
夜な夜なのネットサーフィンも役に立つわね~。


トップの画像は宿泊した‘デラックスダブル’です。
料金は朝食混みでagoda(ホテル予約サイト)で、5000円しなかったと思います。

それでは、中へどーぞ。
(このホテルは失敗だったので、多分二度と使わないとおもうけど)

続き
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-05-19 12:02 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.1 DAY1-1
f0094164_12575377.jpg


おまたせしました~。

今日から、サムイ島旅行記をUPしていきますよ。

と言っても、実家に帰省中なので次の更新はいつになるかわかりませんが(^^;)
(この記事は帰省前に非公開でUPしてあったもの)




前日の外出でのんちゃんの機嫌の悪さにすっかり凹んだ私。
夜は飛行機が不安で一睡もできませんでしたが、意外と元気な状態での出発。

フライトの心配ばかりしていたけど、その前に成田までの道のりもちょぴっと心配だったのよね~。
PM6時半のフライトに対し、家を出たのはAM10時半。
も~どんだけ遠いの!!

でも意外や意外にも途中お昼に寄ったサービスエリアで少し歩かせたおかげか、
休憩含めて5時間のドライブは、チャイルドシートで大人しくしてくれました(^^)

空港では、キッズルームで疲れさせようと意気込んだけど、
しょぼくてのんちゃんが興味を示さず・・・。
しかも、なるべくたくさん歩かせるようにしたかったのに
買い物(私→財布、化粧品 ダーリン→グラサン)をしたりして、
気付いたら搭乗の時間。

子連れは優先搭乗できるけど、狭い飛行機の中に居る時間は1分1秒でも短くしたいので、
一番最後に乗りこみました。

それにしても、ユナイテッドぼろすぎ。
今時パーソナルモニターないし。
機内食も不味い。

でも、一つだけ良いことがありました。

客室乗務員が子連れの私たちに気を使って、
隣の欧米人の男性に別の席に移るように言ってくれたのです。
そうそう、意外にもバンコク行きの飛行機はキャンセルもあまり無かったようで、
空席はほとんどありませんでした。

なにわともあれ、らっきぃーーーーーーーー!!

f0094164_13161133.jpg


晴れて、一人一席となった我が家の快適なフライトが始まったのです。


・・・・・・・・・が、そんなにうまくいくはずもありませんでした。

続く
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-05-07 13:49 | 旅行記
黒部・立山旅行 その2
f0094164_1113036.jpg


旅行2つ目。
せっかくの旅行。美味しいものが食べたい~ってことで、
朝から頑張りました(^-^)

早起きして魚津市(泊まった町のお隣)にある‘ますのすし’へ富山名物‘鱒鮨’を買いに行きました。
実は、このお店大人気なので前日の夕方5時に行った時は
すでに完売していました。
電話で予約するか、早めに行くのが良いと思います。

f0094164_1143826.jpg

も~、これがホントに美味しいのっ。
鱒鮨って、好きでも嫌いでも無くそれほど美味しいものでもないって
思っていたのだけど、その考えを覆しました。
激旨です。
前日の夜食べたお寿司よりも旨いです。
ちなみにこのお店、店内で食べることはできません。
お持ち帰りのみなので、お土産にもお勧めですよ~。

朝食の鱒鮨は更に車で移動して宇奈月駅前のベンチに座って食べました。

なぜなら‘あんちえにっき’のあんこさんが、駐車場が混むと書いていてくれたので
それを参考に、早めにホテルを出て駐車場を確保してから
ゆっくり朝ごはんにしたというわけです。

そして、あんこさんのブログを参考にチケットのネットで予約して行きました。
これも大正解!!
なんと私たちが乗ったのは11時6分の列車なのですが
この時点(10時ごろ)で既に午前中のチケットは完売していました。

こーなったらぜひぜひ景観の良い右側の席をキープしたい。。
30分前から改札に並びました。
前から5列目。
車両は13両もあるので、余裕でしょって思っていたら、
改札が開くなりうちらの後ろに並んでいたご夫妻が猛ダッシュ。
そんなに急がなくても席いっぱいあるのにね~・・・な~んて思っていたら、
運悪くそのご夫妻と同じ車両。(チケットは車両のみ指定)
しかもそのご夫妻は団体で来ていて、お友達の分までその車両の右側の席をぜーーーーんぶキープ。

30分も前から並んでいたのに、結局左側の席になってしまい
超~不機嫌顔で乗車したのでした(^^;)
ついてな~い。

f0094164_1113177.jpg

トロッコは、のんちゃんがいるので風邪をひかないよう、
屋根、窓付きのリラックス車両にしました。
寒かったので正解です。

トロッコからの風景↓
f0094164_11143517.jpg

f0094164_11145756.jpg


唯一左側から見ることが出来た絶景↓
f0094164_1115427.jpg


終点、欅平駅周辺を散策↓
f0094164_11164623.jpg

f0094164_1117742.jpg


この後帰路につきました。
くりりんをペットホテルにお迎えにかなくてはならないので
あんまりのんびりできないのです。
せっかく行ったのに早く帰るのも勿体ないので次回はくりりんだけ2泊かな??
[PR]
by sweetmangosteen | 2009-10-15 11:26 | 旅行記
黒部・立山旅行
f0094164_10351927.jpg


3連休を利用して1泊2日で黒部・立山へ旅行に行ってきました。
画像は、高低差日本一の称名滝です。
駐車場から坂を30分も歩くので大変でした。
大変だったのはのんちゃんをおぶったダーリンだけど(^^;)
天気は晴れているのに、滝の上だけ分厚い雲。
残念だなぁ。

f0094164_10372627.jpg

そして紅葉を見に行ったのに肝心の紅葉の方はうっすらと色づいてきたという感じで
まだまだでした。くぅ~これまた残念すぎっ。

f0094164_10382470.jpg

立山駅からは添乗員泣かせ(元添乗員 妹談)のアルペンルートへの入り口、
ケーブルカーに乗れます。
ここからは、自家用車は入れず、ケーブルカーやバスを乗り継いで移動して
数々の景勝地を楽しむことが出来るのですが、
のんちゃんがいるので今回はケーブルカーに乗って最初の到着地
美女平だけを見に行くことに・・・。

f0094164_1040311.jpg

あちゃ~っ。
ケーブルカーに乗っていたら雨が降ってきてしまいました。
美女平を少し散策してから帰ろうと思っていたけど、諦めて再びケーブルカーに乗って
戻りました。

f0094164_10444399.jpg

ついさっきまではこんなに↑晴れていたのに・・・。
画像はケーブルカー乗り場である立山駅の駐車場とその横に流れている川です。

f0094164_10464655.jpg

お天気にも紅葉にも恵まれなかったけど、高速道路立山ICを降りて
称名滝へ向かう途中の道の駅‘アルペン村’で
ポニーやヤギと触れ合ったり、名物‘ブラックラーメン’を食べたりと楽しかった♪

f0094164_10522464.jpg

泊まったのは、入善町にあるマークホテル。
ほんとうは宇奈月温泉に泊まりたかったけど、急な思いつきで行った旅行だったので
温泉はどこも満室。

宇奈月温泉近郊の町のビジネスホテルをネットで検索して見つけたところです。

泊まったデラックスツインはダブルベッドが2つなので
のんちゃんと添い寝でもそれほど狭くないです。
しかも新しいので奇麗。
ベットコーナーと書斎コーナーがTVで仕切られているので
ビジネスホテルとは思えないくらいお部屋が広い。(↓画像右)
しかもソファもあります。

f0094164_1055928.jpg

こりゃ、当たりだわ~と思ったのもつかの間、
浴室が臭いの~。
ビジネスホテルなので少しくらい匂っても目をつぶるけど、
この部屋だけなのかもしれないけど、耐えられない臭さ。
シャワーなんて修行かと思いました。

最初、部屋に入った時に「なんか匂うな?」とは思っていたけど、
浴室の扉を開けたら、あまりの臭さに息を止めてしまいました。
そのあと、部屋中が匂って一気にこのホテルの印象が↓↓。

ロビーもビジネスホテルにしてはオサレなのに勿体なかったです。



では、長くなってので今日はこの辺で。
まだまだ続きます。
[PR]
by sweetmangosteen | 2009-10-13 11:01 | 旅行記
水上温泉旅行 ~2日目~
f0094164_21521993.jpg


水上温泉旅行2日目。
この日も天気は晴れ。

最初に行ったのは、‘吹き割の滝’

たまたま通りかかったのであまり興味なかったけど寄ってみたら大正解。
すんごいの~。
想像を遥かに超えた大スケールでした。
人の大きさと比べると、そのスケールがわかるでしょ?

もう、この滝を見た瞬間テンション↑↑。

きゃーーーーーっ。
写真撮りたい~っ(→結局これ)

滝と言えばスローシャッターだけど、
スボラーな私。三脚なんて持ってきてなかったので手持ちで挑戦。

けど、まっ白白なボツ画像量産。
なんでーーーー?
諦めて普通に撮りました(T T)

※後で調べたところ滝はコントラストがきつすぎるので、
スローシャッターにした時はマニュアルで、
F16とか今まで使ったことも無いような数値まで絞り込まないと露出オーバーになるようです。
余分な光をカットするPLフィルターを使うのも良いみたい。。


f0094164_21545413.jpg

ん??吊橋が掛っている??
こりゃ行かなくっちゃ。

f0094164_2210100.jpg

↑吊橋から見た、川。
やっぱりスケールがでかい~。

f0094164_22171752.jpg

途中、ママ友に教えてもらった水上名物‘生ドラ’を食べながらドライブ。
生=生焼けのどら焼きだと勘違いしていたら、生=生クリームでした(^^;)
あたりまえか・・・。

栗と抹茶と小倉(だったかな?)と黒糖があったけど、
私もダーリンもだんっぜん黒糖が気に入りました。
あ~、また食べたい~。

f0094164_225386.jpg

次にやって来たのは、‘尾瀬岩鞍ゆり園’。
HPには日本のモノはもう終わったけど西洋品種は見頃と書かれていたので
楽しみにいていたのだけど、どー見ても見ごろは終わっていました。うそつき~。。

夏休みだから、もう見ごろは終わりましたとは正直に書かないだろうけどね(^^;)

f0094164_2282559.jpg

なんとか見れるユリを探して、もう一枚。
ちなみにここ。見ての通り冬はゲレンデです。

f0094164_20261275.jpg


f0094164_2028366.jpg


この後も、尾瀬へ向かってみましたが
時間が無い(くりりんをペットホテルに6時までに迎えに行かなければならない)ので、
途中、奇麗な渓流に立ち寄ったりしながら帰路に着きました

あ~、楽しかった。。

川端康成の小説‘雪国’の有名なフレーズに「トンネルを抜けると雪国だった。」とあるけど、
私たちは逆からトンネルを抜けたので「トンネルを抜けると晴天だった。」でした。
そう。。
往路は、新潟は雨が降っていたんですよ。
でも、トンネルを抜けた途端見事な晴天。

おもしろい~。

お天気も良いし少し遠出する時は思い切ってトンネルを越えて
群馬県まで足を延ばすのもいいわ~(^-^)
[PR]
by sweetmangosteen | 2009-08-24 22:38 | 旅行記
水上温泉旅行 ~宿 別邸やえ野 お料理~
f0094164_2115336.jpg


今日は別邸やえ野のお料理の紹介です。

↑は宿に着いて直ぐに出された‘いちぢく’と‘シソジュース’です。
これ、なんていうんですかね??
旅館に泊まると必ず出てきますよねっ。
常識しらずで恥ずかしいです(^^;)

f0094164_21233539.jpg

夕食の一品目の旬菜小鉢。


夕食は部屋出しで、6時半からお願いしたのですが、
のんちゃんのご機嫌が荒れ荒れだったため、7時からに変更してもらいましたが、
それでものんちゃんの機嫌が直らず、だーりんと交代で寝室と和室を行ったり来たり
のんちゃんをあやしながら食事というスタートになってしまいました。

それにしても間取りが、和室が出前で奥がベッドルームで良かった~(^-^)
以前泊まった宿のように、入り口から近いほうが寝室で奥がお食事スペースだったら、
お食事が運ばれる度にのんちゃんが驚いて、
泣き止むどころかますます機嫌が悪くなること間違いなしですもんね。。


7時半には寝てくれたので、交代は最初だけでゆっくりいただけました。↓
f0094164_22233352.jpg


お食事も、のんちゃんが泣いているので気を使ってゆっくり目に運んできてくれました。
こういうサービス、痒いところに手が届くというかとっても嬉しい。

f0094164_22113113.jpg

前菜。
ほうずきの中にはトマトが入っていました。

f0094164_2221767.jpg

御造りは岩魚の洗い。
これが、くせも無く激うまでした。


f0094164_22243551.jpg

焼き物。
黒毛和牛みずじステーキ。
こちらもとろおりとろける柔らか~いお肉でした。


f0094164_21525514.jpg

強肴と酢の物の長芋そうめん。
ちなみに強肴とは、そろそろお酒でもどうですか?という意味だそうです。
ダーリンは、この強肴のかぼちゃ饅頭が一番気に入ったみたい。


この鮎ご飯、あとで残った分を夜食におにぎりにしてくれました。
これも嬉しいサービス。

f0094164_21502924.jpg

デザートはレモンシャーベット。


以上でした。
お料理は、全体的に控えめな量で地味な印象ですが、
とっても美味しかったです(^-^)

続いて朝ごはん↓
f0094164_21563628.jpg

鮭のハラスに湯葉に牛刺しなどなど・・・。
こちらももちろん美味しかった~。

朝からガッツリ食べるなんて旅行の時だけだけど、
普段朝は食べたり食べなかったりなのに、何故か食べれちゃうから不思議。

f0094164_2159391.jpg

↑に書いたようにお食事の配膳時間を調整してくれただけでなく、
チェックイン時にポットのお湯をミルクを溶かす温度に設定してくれたり、
おもちゃを貸してくれたり、おむつを5枚も用意してくれたり子連れに優しい宿でした。

普段、サービスよりもインテリアを重視する私たちですが、
初めての子連れ旅行で、のんちゃんがぎゃん泣きするよいうアクシデントに見舞われ
サービスも快適に過ごすには重要な要素だと思いました。



でもここだけの話、宿を予約せずに行き当たりばったりの旅行もおもしろそうだね~
なんて話している私たちです。
言ってることが違うって。あはっ(^^;)








 
[PR]
by sweetmangosteen | 2009-08-23 22:16 | 旅行記
水上温泉旅行 ~宿 別邸やえ野 3~
f0094164_9562125.jpg


ふぅ~っ。。
やっとここまでたどり着きました。
なんかエキストラがいますが、別邸やえ野のベッドルームと広縁です。

素敵素敵素敵~っ!!

あふれるほどの光が差し込んでいて、
ほんっとに居心地の良い空間なんですよ~っ。

景色はイマイチですが・・・。
画像じゃわかりずらいけど、テニスコートが目の前にあるの。。
宿の裏に山があるのに、なんでそちら向きに窓を作らないのかな~?と疑問。
きっと、なにかあるんでしょうね・・・・・陽が当たらないとか。

f0094164_10122273.jpg

広縁側から見たベッドルーム。
こちらからも素敵~。
あ~うっとり。

f0094164_1014364.jpg

ベッドリネンも素敵。
抹茶色の掛け布団カバーと橙色の枕カバーの組み合わせがかわいいの。
生地も織りがあって、上質な感じでした。
しかも、土壁の色との組み合わせもしっとりと落ち着くわ~。

f0094164_10222684.jpg

そしてこのベッドスプレッド。
浴衣の帯みたいでこちらも素敵~。

と、なにからなにまで素敵ですっかりテンション↑↑な私。

f0094164_10302516.jpg

こちらは広縁。
照明も素敵。
も~とにかくどこもかしこも素敵なんですっ。
こーいうスペースがあるとホントにゆっくりくつろげますよねっ。
私たちは、お食事の後こちらとウッドデッキ↓での~んびりお酒を飲んで過ごしました。

f0094164_10362864.jpg

ちなみにウッドデッキは写真撮り忘れたけど夜はライトアップもされます。

f0094164_10443713.jpg

こちらはバスルーム。
ちょっとアジアンな雰囲気。
2ボールではないけれど、のんちゃんどちらかが見ている間に
どちらかが身支度をするので、交代でしか洗面台を使わない私達には問題無し。
アメニティの容器の色が派手なのがちと勿体ない(^^;)

f0094164_10472517.jpg

お風呂です。
この宿は、部屋風呂しかないので十分に広いです。
ただ、窓が多いので外から見えます。
簾が掛っているけど、全部じゃないし、
お部屋に向かうまでの半屋外の廊下から見える位置にお風呂があるんです。

でもこのお部屋は一番奥&隣の部屋とは結構離れているので、
隣の部屋の人が部屋に入る際に見えるってことは無いです。

お食事の時間の前に入浴をしようって思ったら時間に余裕を持って
入浴を終わらせないと、仲居さんに見られちゃうかも!?

f0094164_1052748.jpg

↑正面が半屋外の廊下で左が私たちの部屋。
右がもう一つの部屋。

ねっ。結構離れているでしょう?

余談ですがこれがホントに助かった。
夜、うっかりのんちゃんをほんのちょっとだけ一人にしちゃったら怒ってぎゃん泣き。
(ダーリンは入浴。私は綿棒を取りに一瞬だけバスルームに入っちゃったんです。)
おまけにお部屋もいつもと違うもんだからぜーーーんぜん泣きやまない。
しかも、明らかに私に対して怒ってる。
私が抱っこすると身をよじってさらに大声で泣くの。
いつの間にか、今は私がのんちゃんを見ている番だってのんちゃんもわかるようになったみたい。

1時間近く泣いていたけど、普通の宿だったら冷や汗もんだったかも!?



次回はお料理です。
[PR]
by sweetmangosteen | 2009-08-20 10:59 | 旅行記