カテゴリ:旅行記( 70 )
会津・若松旅行 Vol.3
f0094164_1327262.jpg


今日は旅行記の続きです。

大内宿を出発したのがAM10:00。
のんちゃんがぐずってゆっくり見れなかったので、まだまだ時間はたっぷり。
AM中にもう一か所行けちゃうんじゃない?ってことで、
今度はのんちゃんが喜びそうな場所をチョイス。





f0094164_1445526.jpg

猪苗代湖にやってきました。
船にでも乗ろうかと思っていたのだけど、
駐車場で他の人たちのカッコを見て急遽予定変更。





f0094164_13312681.jpg

水遊び!!
水遊びが出来る湖があるなんて知らなかった。
念のため、水遊び用のオムツを持ってきていたし、
車にはレジャーシートとお砂遊びセットが入れっぱなしになっていたから丁度良かった♪

のんちゃんは、超ごきげん。

やっぱり水遊びがいいのね~。





f0094164_13382691.jpg

お昼は道の駅で名物‘ソースかつ丼’を食べました。
信じられないほどのメガ盛り。
見た瞬間食欲が失せてしまいました(^^;)
だーりんは完食。これにもびっくりしたわ。





f0094164_13403158.jpg

午後は喜多方へやってきました。
ちょうど、お祭りでした。

レトロ街並みに浴衣って似合うね~。





f0094164_13414196.jpg

若喜商店で‘だし醤油’を買いました。
蔵巡りをしたいところだけど、ここでタイムアップ。
帰路に着かねば・・・。

実は、妹夫妻がこの日は仙台を旅行していて、
その後我が家に泊まりに来ることになっているんです。

妹夫妻が仙台を出発した2時間後に私たちが会津を出発すれば
時間的にちょうど良いはず。



だったのですが、何故か渋滞にはまってしまいました。
何故かというのは、どう考えても渋滞なんて起きるようなところじゃないんです。
周りは田んぼしかないのどかな田舎道で、渋滞する要素が見つからないの。
結局1時間ほどかかり、ようやく渋滞を抜けることが出来ました。

渋滞の原因は千葉からやって来たレンタカーの若いカップルによる事故。
こんな何にもないところでどーやったら事故るわけ??
チュウでもしてたのか??
な~んて、悪態をついたところで時間は取り戻せず、
妹夫婦の方が先にウチに着いてしまいました(^^;)

妹達はウチには入れないため、近くの温泉で時間を潰したとのこと。



申し訳ないっ。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-07-27 13:50 | 旅行記
会津・若松旅行 Vol.2 ~大内宿~
f0094164_1372115.jpg


いきなりピンボケの失敗写真ですが、宿の朝食です。
夜は部屋で頂いたけど、朝食は大広間で頂きました。





f0094164_13154646.jpg

今回一番楽しみにしていた、大内宿(おおうちじゅく)へやってきました。
心配した駐車場待ち渋滞だけど、朝一(9:00時)でやってきたのですんなり入れました。
帰る頃(10:00時)には、駐車場待ち行列が出来ていたので
朝食後すぐにここに向かって良かった。

のんちゃんは相変わらず暑さでぐずぐず。
またもやベビーカーに乗ってくれず(><)




f0094164_13172767.jpg

茅葺屋根の建物はお店になっていてひとつひとつゆっくり見て回りたいけど、
それも出来ず・・・・・。





f0094164_13184680.jpg

紫陽花がきれい~。
ゆっくり見たいけど、写真だけ速攻で撮ってどんどん進みます。




f0094164_13194263.jpg

着いた~。
大内宿のつきあたりに階段があってそこからは、
こ~んなに素敵な風景がみられるんですよ。。





f0094164_13221043.jpg

f0094164_13235620.jpg

ダーリンにも見てほしかったなぁ。。

ダーリンは暑さとのんちゃんの抱っこで疲れ切ってしまい、
交代で上まで行こうという私の提案は却下されました。残念。





f0094164_13252119.jpg

階段を降りてきたところ。
見えずらいけど、画像の左端でのんちゃんとダーリンが待っています。






f0094164_13285885.jpg

自宅用に味噌を買いました。





f0094164_13293237.jpg

暑いので‘かき氷’で休憩。
これ、知らないで食べていたんだけど天然氷ですって。
言われてみれば触感が違う~っ。柔らかいんです。
練乳もついて350円はお得!!東京だったら800円くらいしそう(^^;)





f0094164_13331489.jpg

かき氷じゃ喉は潤わない~ってことで、ノンアルコールビールも追加。
お店の囲炉裏でお魚(鮎かなにか)の燻製も作ってたり、
蕎麦打ちを見れたり、なかなか楽しい休憩でした。

なによりも、かき氷でのんちゃんの機嫌が直ったのが一番うれかったわん(^^;)


続く。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-07-22 13:36 | 旅行記
会津・若松旅行 Vol.1
f0094164_13452275.jpg


ここ数日うだるような暑さが続いていますね。
そんな中、我が家でぶっちぎりNo.1の暑がり姫を連れて
福島県の会津・若松地方に1泊旅行に行ってきました~。

それでは、旅行記をご覧くださ~い。




f0094164_1348068.jpg

いきなり食べ物です(^^;)

のんちゃんのお世話という名目上、TVを観たり新聞を読んでいるダーリンに
少しは家事手伝えと心の中で超イライラしながら、
朝食の準備・片づけ・掃除・洗濯を済ませようやく家を出たのが9時半。
(くりりんをペットホテルに預けるためあまり早く家を出ることはできません)
会津・若松市にはお昼頃到着しました。

旅行、最初の食事に選んだのは元祖 輪箱飯 田季野です。
老舗名だけあって店内の雰囲気も見ごたえがあり
雰囲気良し、味良しのお店です。
画像に写っている汁ものは、この地方の名物‘こづゆ’。
300円も追加料金を払っておみそ汁→こづゆに変更してもらったのに、
あんまり・・・なお味でした。(好みの問題だけど)
白い物体はホタテじゃなくって豆麩です。



f0094164_135551.jpg

次にやって来たのは、‘鶴ヶ城’

まさかまさかの工事中。
瓦屋根を現在のグレーからもともとの色(オレンジだか赤だか)に戻す修復作業だって。

パーキングからかなり遠くて炎天下の中、愚図るのんちゃんを抱っこしてやってきたのに
そりゃないよ~(><)

城の中に入る気は最初から無かったのでそそくさと退散。
駐車場代が勿体ない。。





f0094164_1411797.jpg

つぎにやって来たのは‘さざえ堂’
ここは巡礼観音堂で外観が‘さざえ’のようで中は階段が無く、
一方通行で上下するという日本で唯一、世界でもめずらしい建物。
ちょっと傾いていておもしろい。





f0094164_1445525.jpg

中はこんな感じ。

駐車場からここまでは、坂道&階段なのにまたもやのんちゃんは暑さでぐずりんぼ抱っこ。
ベビーカーはもはやお荷物でしかなかった(^^;)
中も歩かないに決まっているので、ダーリンと交代で入りました。





f0094164_1473297.jpg

のんちゃんのご機嫌とりで、南が丘牧場へやってきました。


・・・・・が、やっぱり暑さでのんちゃん、動物にあんまり興味を示さない。


ふれあい広場の入場はやめて、ソフトクリームで
のんちゃんのご機嫌を取りました。

しばらくすると、雨がぽつぽつ。

雷もゴロゴロいっているので本日の観光は、
不発ばかりで残念だけど、これにてお終い。

宿へ向かいましょう。





f0094164_1415721.jpg

本日の宿は芦の牧温泉‘不動館 小谷の湯’。
手頃な価格で部屋食なので選びました。




f0094164_14181423.jpg

全ての部屋から渓谷が見えます。
きもちいいねっ。





f0094164_14192620.jpg

ボリューム満点の夕食。
福島牛のしゃぶしゃぶが旨かった~。





f0094164_14211098.jpg

ウチはベッドなのでのんちゃんはお布団に大興奮。
仲居さんが敷いている途中からお布団の上ではしゃいでいました。

やっぱ、これよね~。
お布団は楽しい♪

※のんちゃんが着ている甚平は持参。お家で使っているパジャマです。




次回へ続く。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-07-20 14:23 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.23 DAY6-4
f0094164_13152884.jpg

旅行最後の夕食に選んだのは、中華。
ネットの口コミで見つけたお店です。
お店の名刺をプリントアウトして持って行ったのでなんの心配もしていなかったのに、
ホテルからタクシーに乗ろうとしたら、
運転手さんに場所が分からないと、3,4台断られました。

ホテルと同じスクンビッドエリアにあるし、名刺には地図も乗っているのに
どおいうこと~?

でも、ようやくこのお店なら知っているという運転手さんに巡り合えて、
タクシーに乗り込みました。

ホテルからタクシーに乗ると、行き先の交渉をホテルのドアマンがやってくれるから、
場所を知らなかった運転手さんの車には乗らずにすんだけど、
これが、街中で自分たちで拾ったタクシーだったらどうなったことやら(^^;)


ふぅ~。
と、一息つくもすんごい渋滞。
デモの影響でBTSが7時には運航が終わってしまうので、
ただでさえ大渋滞の街なのに更に拍車をかけて凄い車の量。

そのうち、のんちゃんは寝てしまったのだけど、
その寝顔を見ていたらたまらなく不安に・・・。

タクシーの運転手さん、お店ちゃんと分かってる?
もう30分も乗っているけど、ここはどこ??
こんな見知らぬ国で1歳児を連れて何やっているんだろう??

な~んて、どんどんマイナス思考に。

だって、ホテルから5分の距離にあるはずなのに
ちっとも着かないんだもん。
渋滞してるからってのはもちろんわかっているのだけど、
あまりにも着かないので、拉致された気分になっちゃったんです。

ようやく付いたのは、タクシーに乗ってから1時間後。

はぁ~っ。
運転手さん疑ってごめんなさ~い(^^;)

メーターを確認したら、なんとホテルからたったの5kmでした。
料金は120バーツ。
(しつこいけど、サムイのホテルからチャウエンまで10分で300バーツはやっぱり高い。)






f0094164_13171926.jpg

このお店、駅が近くに無いし観光客よりも駐在員に人気のよう。
この日も日本人駐在員グループが飲み会?に利用していました。

楽しみにしてたフカヒレだけど、あんまり美味しくなかった・・・
とゆーより、時間が気になっちゃって食事どころじゃなかったんです。
翌日のフライトは早朝なので3時に起きて4時にホテルをチェックアウトしなければならないのに、
お店に着いたのは8時過ぎ。
これから食事をして、また一時間掛けてホテルに戻ったらのんちゃんを寝かしつけるのは
何時になっちゃうの??
寝不足で飛行機に乗せたら、のんちゃん泣かない??って・・・。


なので、最後の晩餐はちっとも味わって食べられませんでした。
あっ、帰りは渋滞の時間を過ぎていたようで、
6分(40バーツ)でホテルに着くことができました。ほっ。






心配していた、翌日のフライトは後ろの席に座った欧米人のマダムから
何度も何度も「Good Boy」とお褒めの言葉を頂くほど、
のんちゃんは機内で静かにしていてくれました。(女の子なんですけどね)

ただ、隣の欧米人のおじさまの息が臭かった・・・。

ときおり、ぷ~んと風に乗って漂ってくる度に、睨みつけてやろうかと思ったわ。
「タイで何食べたらこんなに臭い息になるのよ。」って
何度も心の中で呟いていたんです。



でも、それは勘違いでした。


成田に到着して飛行機を降りようと席を立ったらのんちゃんを抱っこしていたダーリンが
「あれ??のんちゃんのお尻濡れてる。」って。

確認したらお尻が茶色いの。


う〇ち漏れてる!!


そう。。
隣の欧米人の口臭だと思っていた臭いはのんちゃんのう〇ちでした。
いつもの臭いとあまりにも違うからわからなかったのだけど
(それに抱っこしてるダーリンが何も言わないし)
下着もパンツもベトベト。
ついでにダーリンのシャツとパンツも。

実はその前にも緩めのう〇ちが出ていたのだけど、
そのあと、更にゆるい水のようなう〇ちが出るとは思っていませんでした。

はっきり言って油断してました。

行きは手荷物に着替え一式入れていたんだけど、
帰りは、油断して持っていなかったので、
着替えはぜーーーんぶ、スーツケースの中。

臭いは汚いわで、荷物が出てくるまでの時間が長く感じたことといったら。。


着替え、次回からは絶対に手荷物に一式持って行こうと誓ったのでした。



そしてのんちゃんですが、それっきりう〇ちは翌日も翌々日も出なかったので、
もう治ったものだと思っていました。


帰国3日後、実家に向かう日の朝、のんちゃんが嘔吐。
続いて車の中で私も嘔吐。
実家に着いたら母が嘔吐。
2日後に父が・・・。
(下痢は嘔吐から10時間後ぐらいに始まりました)

という感じで家族が次々と体調を崩しました。

病院に行ったらタイではなく空港かどこかでノロに移されたと先生に言われました。
飛行機の中で既に下痢していたのに、空港で貰うって・・・。
それとも飛行機の中での下痢と、帰国後の下痢は別の菌なのかしら??

もし、違うんならシュノーケルツアーに行った時に、
のんちゃんが珊瑚を舐め舐めしていたのが原因じゃないか?って
私は勝手に思っています。



お・し・ま・い。


だらだらとこんなにも長い間綴った旅行記を最後まで見てくださった方、
ありがとうございました。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-07-02 13:10 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 Vol.22 DAY6-3
f0094164_13185544.jpg


チェックインして間もなく、ベビーベッド(無料)が運ばれてきました。

1Fのベーカリーカフェで買って来たパンを食べさせ、
ベビーベッドに入れたのに、ぜんぜん寝てくれそうもないのんちゃん。

外の景色が気になって気になって仕方ないみたい。

私たちは、ホテルに向かう途中に行列の出来ているお店を見かけたので、
のんちゃんが寝たらそのお店でお昼をテイクアウトしてお部屋で食べようって
思っているので、お腹ぺこりんこ。

早く寝てちょーーだいっ。

カーテンを閉め私たちもベッドで横になり、寝たふりをしたりいろいろ試して
1時間後、ようやく寝てくれました。

おもえば、この旅行中は毎日昼寝には苦労させられました(^^;)


やっとお昼が食べられる~とウキウキで店に向かおうと外へ出たら、
まさかまさかの雨。

ホテルで傘を貸してもらえるのだけど、
到底傘が役に立つとは思えないような激しい雨。


ついてなーーーい(><)


仕方ないのでルームサービスでも頼もうとエレベーターに乗った時に目に入ったのが
ホテルのブッフェレストラン案内。
宿泊客は15%OFFの文字。
のんちゃんは昼寝をしたばかりで2時間は起きないし、
ベビーベッドに入ってるし、
ブッフェなら待ち時間も無いうえに、部屋で食べてのんちゃんを起こしてしまうのも嫌だったので、
レストランで食べてしまうことになり、レストランへGo
(いつもなら絶対にやらないのに感覚がおかしくなっています。
今、思うとほんとにありえないのですが・・・。)






f0094164_13432252.jpg

お部屋やロビーの落ち着いた雰囲気とはうって変わってカジュアルで明るいレストランです。





f0094164_13442423.jpg

ブッフェは一人400バーツの15%OFF。





f0094164_13451046.jpg

そしてこのブッフェ。
どれもとっても美味しいの。
デザートも甘さ控えめで◎。
ずっとローカルなものを食べていたので(ホテルの朝食はイマイチだったし)、
久しぶりに口にする洗練された味が余計に美味しく感じられる。

雨はショックだったけど、美味しいからいっか~と上機嫌でチェックをしたら
目玉が飛びがすかと思いました。

レシートに書かれた金額は2000バーツ(6000円)。
たっか~いっ。
一人3000円のランチって東京でも美味し物が食べられるっつーの。


はぁ~。
のんちゃんがお昼寝中に抜け駆けするから罰があたりました。






f0094164_13542167.jpg

ホテル外観。
ドバイの7つ星や横浜のインターコンチネンタルホテルに似た形でとっても見つけやすいです。

画像は、BTS(モノレールの駅)前から撮りました。
ここまでホテルから徒歩4分。途中地下鉄の駅もあるのでとっても便利。
行先は隣の駅に直結しているデパート‘エンポリウム’
(伊勢丹はデモで休みだけどここはOPENしているとネットで確認済み)
‘エンポリウム’にアクセスが良かったのもこのホテルを選んだ理由の一つです。

でも、4分と言えど子連れにはきつかった。。

道がガタガタでベビーカーが進まない進まない。
しかもスコールあけで汚い水たまりがいっぱいあるし、BTSはエレベーター無いし、
こおいうところが、まだまだだな~って思います。

まっ、それが嫌なら日本にいろよって話ですけどね(^^;)



それにしても、‘エンポリウム’凄いっす。

日本かと思いましたよ。

食料品は日本のもので手に入らない物は無いし、
ベビー用品売り場なんかも日本のベビーフードやお菓子が売っていました。

で、一番驚いたのがレストラン街。

ラーメンの‘桂花’にシュークリームの‘ビヤードパパ’でしょ。
それに‘モスバーガー’に‘大戸屋’、え~っと、忘れちゃったけどレストラン街の90%以上??
いや、全部だったかも??が日本食なんだもん。

スクンビッドエリアは在中日本人が多いって聞いていたけど、
これほどとは・・・。

お買い物した時も、メンバーズカードを持っているか聞かれたし、
観光客でなくて駐在員ファミリーだと思われたのかも??

不況とはいいつつも日本の企業、頑張ってるな~と関心していたら
のんちゃんの金切り声。

はいはい(^^;)
帰りますよ。





f0094164_1414151.jpg

お買い物、不完全燃焼でしたがホテルへ戻りました(T T)
ホテルの周りは、夜にならないとOPENしない怪しいお店が結構たくさんあります。

・・・が、別にそこを通らなければいいだけなので治安は悪くないです。





f0094164_14363629.jpg

のんちゃんのグズる声を聞こえないふりしてなんとか買ったのんちゃんのお洋服↑





次回へ続く。。


あれ??最終回じゃなかったの~??


申し訳ございません

終わりませんでした。

最終回は全後編って事にして下さいっ(汗)
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-07-01 13:24 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島Vol.21 DAY6-2
f0094164_1302097.jpg


約50分のフライト後、バンコクに到着。
サムと違って天気はどんより。。。
サムのホテルで、バンコクの情勢をチェックした時に、
天気も良くないって知ってたのに何故かがっかり(^^;)

フライトは問題無かったです。
となりのタイ人女性がしきりに「うちの娘は2歳だけど、50分もじっとしていられない。」と
しきりに感心していました。

いやいや、照れるぜ(^^)







f0094164_136431.jpg

空港から40~50分程タクシーで走ってホテルに到着。
タクシー代は300バーツくらいだったような・・・。
サムイでホテルからチャウエンまでたったの15分で300バーツだったとこを考えると
高速代を入れてもこの料金。
やっぱメーター付タクシーって素敵。





f0094164_1373853.jpg

さて、今夜のホテルはスクンビッドエリアにある比較的新しい
シンガポール系の5★ホテル「グランドミレニウム ホテル」です。
HISにて一泊泊まるだけ9000円。(安っ)

直前に、市内中心部から泣く泣く変更したホテルだったけど、
ロビーはスタイリッシュで素敵。

長岡にやってきてからしばらく目にすることが無かったアーバンな空間。
ダーリンと私は、二人揃って「久しぶりの都会だね~。」なんてしみじみ。

※長岡が嫌という訳ではないです。
  長岡は自然がいっぱいでとても良いところなのだけど、
  私たち夫婦は、やっぱり地元横浜が好きだし落ち着くのです。



f0094164_13105520.jpg

館内は吹き抜けになっていてかなり凝ったデザイン。
でもだからなのか?
フロントは3Fまでの吹き抜けで一端天井があって、
そこからまた吹き抜けになっている(↑画像右)のだけど、
客室フロアはエアコンレスです。。
エレベーターを降りた途端暑いです。

「あ~、そおいうことね~。」と納得。
何が納得かと言うと、口コミで評価が真っ二つに分かれていたの。
素敵という人と、5★とはとても思えないと言う人。

確かに、前回泊まったペニンシュラはちゃんと客室フロアもエアコン効いていたし、
こおいうところが、評価を落としてるのね(^^;)
でも、ぜんっぜんOKよ~。
だって、ペニンシュラの1/3近い料金なんですもの。。
文句なんてありませぬ。






f0094164_13281374.jpg

お待たせしました。
お部屋でーす。
鏡に私が写ってるけど気にしないでくださ~い。。
鏡が大き過ぎてどうやっても写らないのは無理だったので、
諦めて私も登場しちゃうことにしたのでした。
ついでにのんちゃんの頭も写ってるけど、見逃して~。





f0094164_1332551.jpg

お部屋は口コミ通り狭いです。
でも、サラサムイも狭かったから問題な~しっ。

最初に予約していたホテルは、1ベッドルームでキッチン付きのと~っても
広いお部屋だったんですけどね~。





f0094164_13352165.jpg

そんなことよりも、ダークブラウン×ベージュの落ち着いたインテリアが落ち着くわぁ。
スタイリッシュなインテリアってやり過ぎると疲れちゃうんだけど、
ここは程良くスタイリッシュでなおかつシックな色使いでかなり好みっ。






f0094164_134089.jpg

ダーリンと私がこのホテルは落ち着くな~と思った一番の理由がコレ(↑画像右)。
トイレが独立していこと。

やっぱりトイレは個室が一番。
なんかオブジェがう〇ちみたいだけど・・・(^^;)

サラサムイもトイレが独立していたら、
更に良かったのにつくづくこの点は残念。

シンクが1ホールしかないのも5★としてはどう??って思うけど、
このお値段だし、他が気に入ったのでマイペンラ~イ。


他にもバスルームの床の目地のお掃除があんまり・・・・とか、
絨毯に染みがあったり、いろいろあるけど上記理由でマイペンラ~イです。
スーツケース置き場があったのも◎。(コレもサラサムイには無かった)





f0094164_13471311.jpg

私が部屋の写真を撮っている間にのんちゃんがあんなところに・・・・。





f0094164_1348872.jpg

田舎育ちの のんちゃんは、12Fから見える窓の景色に夢中なのでした。






つづく・・・。

次回はいよいよ最終回です。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-29 13:15 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.20 DAY6-1
f0094164_1353798.jpg


旅行6日目の朝。
ここでの朝食もこれが最後。
奇麗じゃないと文句を言いつつもやっぱ海だよね~と
海を眺めながら最後の朝食を採りました。




f0094164_1383993.jpg

部屋に戻り、フロントにチェックアウトの電話をして荷物を取りに来てもらい、
自分たちもフロントへ。
「昨夜はお世話になりました。」と心の中で呟きながらチェックアウト。

そう。
昨夜は、フロントにお世話になりました。
だって、私ったらこの日のフライトコンフォメーションを印刷して持ってきていたものを
間違えて捨てて決まったんだもの(^^;)

翌日のフライトNoどころか、時間もAMだったという程度にしか覚えていない私。
焦ったわ~。
だけど、ホテルを予約した時にフライトNoと時間を聞かれたのを思い出して
フロントが知ってるはず?と尋ねたところ、フライトNoと時間を教えてくれただけなく、
何時に空港へ向かへば良いかも教えてくれました。

部屋に戻ったらホテルからのThank you Letterが届いていて
そこにも時間がしっかりと書いてあったのでわざわざ聞きに行かなくても良かったんだけどね。

こおいうサービスがアジアンリゾートよね~。
アメリカ系のホテルだと、そんなサービスあるわけない・・・ですもんね。
(実際にマウイ島に行った時に、時間の計算が甘くてフライトに乗り遅れた経験あり)
ほんとに助かりました。





f0094164_1316367.jpg

サムイ島のエアポート。
通路の両サイドにショップが並んでいて、どこかのショッピングモールみたい。
暑くて歩いていらんないけど(^^;)






f0094164_1332866.jpg

キッズ広場は成田のものよりも、ずっとず~っと広くて遊具もたくさんありました。





f0094164_13335257.jpg

で、ここが出発ゲート横のラウンジ。
画像には写ってないけど天井には大きなシャンデリアがあって
まるでリゾートホテルみたい。
ちょっとしたおつまみも無料でいただけて、かなり居心地良いです。





f0094164_14211161.jpg

バンコクエアウェイズの機体には‘HIROSHIMA’と書いてあり、
離着陸時の音楽(そんなものが流れるってのがハイクラスな航空会社だわ)も
ジブリや北野 武等の映画音楽で有名な久石 譲の‘レスフォニア’でした。
なにか日本と関係があるのかしら??

[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-28 13:28 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.19 DAY5-4
f0094164_1248525.jpg


サムイ島最後の夕食に選んだのは、前日と同じ‘ピースン’
だって安いんだもん(^-^)

この日は、日本から持って行ったBFを食べきってしまったので、
のんちゃん用におかゆをオーダーしたら
「For Baby?」と聞かれたので「Yes.」と答えると
辛くないものを作ってくれました。

おかゆをオーダーしただけなのにこの対応。
やるじゃん ピースン。

でも、のんちゃんはバクチーがダメなので一口しか食べてくれず(^^;)

あ~、失敗した。
バクチーも抜いてもらうんだったわ。





f0094164_1253184.jpg

明日は中華の予定なのでタイ料理の夕食はこれで食べ収め。
なので、お互いに今まで食べて美味しかったものをオーダー。
画像↑は、ダーリンのオーダーで蟹カレー。





f0094164_12553894.jpg

私がもう一度食べたかったタイ料理はコレ。
トムカーガイ。

でも、初日に食べた‘カオサン’の方が美味しかった。
やっぱり安いだけあってコクが足りないです。





f0094164_1257136.jpg

海老フライ。
普通です。






f0094164_12574992.jpg

そしてもう一品、どうしても食べたかったカオマンガイと、
屋台で売っていたソーセージを買ってホテルへ戻りました。





f0094164_1304545.jpg

バンコクにピンクの制服で有名なカオマンガイ屋さんがあり、
そこに行くのをと~っても楽しみにしていた私。
でも、デモ騒動で危険なエリア内にある為行けないことがわかり、
超~がっかり。
でも、やっぱり食べたいからピースンでの食事を腹8分目に押さえて
カオマンガイをテイクアウトしたワケです。

カオマンガイとはタイ風チキンライスで、ご飯にチキンを載せて甘辛いタレをかけて食べます。
日本でいう牛丼のようなもので、専門店で食べるのが普通です。


お味の方は、普通でした(^^;)
シンガポールが発祥地なのだけど、
シンガポールのものよりも漢方の臭いがしなくて好きかなぁ。





f0094164_1365151.jpg

部屋に戻ってから名残惜しくて少しだけホテル内を散歩。
サムイ島は法律で椰子の木よりも高い建物を建ててはいけないと
決まっているので、ワイキキビーチのような夜景は全く無いです。





f0094164_1316265.jpg

ライトアップされたプール。

ホテルにはバーが無く酒を飲みたい人はホテルの隣のバーに行っているようです。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-24 12:53 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 Vol.18 DAY5-3
f0094164_137786.jpg


のんちゃんをお昼寝させた後、パブリックプールへやってきました。
※写真を撮ったのは朝なので人がいません

ダーリンは部屋のプールでいいじゃんって言ってたけど、
私がどーしても来たくって・・・。





f0094164_13111590.jpg

だって見てください。
この気持ちよさそうなディベッド。
どうしてもここに寝転んでみたかったのです。






f0094164_13154041.jpg

それにねっ。
のんちゃんだって他の子供達と遊べたら楽しいかなって思って。

三屋根のついている部分が深さ50cmくらいの子供エリアです。
残念ながら、この日は子供はいませんでした。(他の日にはいたのにぃっ)





f0094164_13184935.jpg

f0094164_13215299.jpg


ここのプール。
ディベッドが少なすぎない??って思ったけど、
いつも比較的空いていました。
殆どの部屋に(確か80%)プライベートプールが付いているからなんでしょうね。
そんなところもポイント高いです。

そおいえば、サービスが無かったかも??
他のアジアンリゾートだとディベッドに着くなり冷たいお冷とおしぼりが出てきたり、
10時と3時にフルーツやアイスが出てきたり(無料)したけど、それが無かったような・・・。
あまり長い時間いなかったからわかりませんが。

でもスタッフの対応は良かった。
写真を撮った後カメラを置きに行こうとすると、すっと横から出てきて
カメラをディベッドに置いて来たり、靴を持っていってくれたり親切です。






f0094164_13293640.jpg

さて、のんちゃんはというとまたまたお砂遊びセットで水遊びを大満喫。

f0094164_13414261.jpg

子供エリアを抜け出して端の方の浅くなっている部分を歩きまわったり、
時々深いエリアにどぼんしたりしてパパは大変そう。
一度、はげしく転んで顔からどぼんしちゃったけど、
周囲の大人の驚いた顔をよそに本人はぜんぜんへっちゃら。

お風呂で毎日泣いているのはなんなんだ?

私は、お部屋と一緒で足が届かないのでのんちゃんのお世話はパスして
の~んびり、この景観を満喫していました。






f0094164_1344034.jpg

さて、今日は頑張ってもう一つのプールも紹介しちゃいますよ~。
サラサムイは、ビーチ沿いにプールが2つ並んでいます。
こちらのプールは蓮の花の咲く池?にぐるっと囲まれていてアジアンでアダルトな雰囲気。

三角屋根の部分は子供エリアではなく、スパ専用の東屋。





f0094164_1346381.jpg

ブラックプールに椰子が写り込んで雰囲気ありますね~。
多分、こちらは子供不可なんじゃないかな?
なので写真を撮っただけです。






f0094164_13504260.jpg

ティベッドはソファではなく普通のタイプのものでした。




f0094164_1354249.jpg

もひとつついでにビーチも紹介しちゃえっ。

ホテルを背に右側を見たビーチです。
ビーチ沿いにホテルがいくつか並んでいます。
ビーチ自体はイマイチなので海には殆ど入りませんでした。





f0094164_1356274.jpg

こっちはホテルを背に左側のビーチ。
遠くの岬の上には、老舗有名ホテル‘トンサイベイ’が建っています。
画像じゃ見えないけど、肉眼では見えました。

口コミでもとっても評判が良くトンサイベイもとっても悩んだのよね~。
でも、立地とプライベートプール付きの部屋に泊まりたいってことで、
サラサムイにしたんだけど、私たちにとってはこれが大正解でした。

トンサイベイはチョモンビーチの端っこにあるので、
ホテルの周りには何にもなく、ちょっとコンビニに行くにもタクシーに乗らなくてはならず、
面倒くさそうだな~と思ったから。

泊まってみれば、素敵過ぎてそれでも構わないって思うかもしれませんが・・・。
それか、バイクをレンタルすればいいかも?

因みにトンサイベイ。
日本人メチャメチャ多そう。(サラサムイは少ないです)
OPツアーのピックアップ時にこのホテルからたっくさんの日本人が乗ってきました。
帰りなんてトンサイベイホテルに泊まってる人だけ別の車でしたよ(◎。◎)!



f0094164_1422617.jpg

[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-23 13:12 | 旅行記
はじめての子連れ海外旅行 サムイ島 VOL.17 DAY5-2
f0094164_13324623.jpg


ネットでバンコクの情勢を調べて部屋に戻るとダーリンから予想外の一言。
「バイクをレンタルして観光しない?」って。

実は、旅行前から私はレンタルバイクをダーリンに勧めていたんです。
これまたネットの口コミで安くて便利だと書いてあったので・・・。
でも、ダーリンが危ないからダメだって。
危ないと言われちゃ、それ以上何も言えずに素直にあきらめたのです。

それが、「やっぱさ。。タクシーだと自由に行動出来ないし、しかもボラれるし・・・。
折角来たんだから島内を観光したいじゃん??」だって。

だから、最初からそう言ったじゃんって言いたいのをぐっと我慢し
(ほんとはちょっぴり言っちゃったけど)
「じゃあ借りようか。」と軽く流しておきました。

はい。。我が家は喧嘩が少ないのですが、
私がイラっときても大人な対応で喧嘩するのが面倒くさくって口を噤んでしまうからです。
(ダーリンも我慢してるかもしれないけど)



って、そんな我が家の事情はいいとしてダーリンがホテルの近くで早速バイクを借りてきました↓
f0094164_13421480.jpg

二人乗り用です。
ダーリンがバイクレンタルの店員に「3人でもいい?」って聞いたら
「No.」と言われたのにメンツを説明したら「Baby,OK.」って言われたって。
Babyなら3人乗りもOKなんて、どんな国なんだか(^^;)
ヘルメットもかぶらないとつかまったら罰金なのですが、
ダーリンが借りて来なかったです。

まあ、暑いからいいか。→タイ人の事言えるか?

料金は24時間で200バーツ(600円)
安っ!!
ガソリンは入っていないのでその場で買います。(ペットボトルに入って売ってるの)




f0094164_13542045.jpg

運転はダーリン。
で、後ろに私が乗って真ん中がのんちゃん(抱っこ紐使用)

では、しゅぱーつ。。
きゃ~っ。気持ちいいっ。
のんちゃんも、バイクが楽しいみたいで右見たり左見たりキョロキョロ。
タクシーよりだんっぜん気に入りました。




前日のOPツアーの車の中から見えた、ホテル近くのお寺にやってきました。
ガイドブックだとこのあたりはビックブッタって書いてあるので、多分そこ。

多分とゆーのは、最初に暴露しちゃいますがあまりの暑さにのんちゃんがぐずったので、
ビックブッタを見ないで帰ってしまったんです(^^;)





f0094164_13593783.jpg

外は死ぬほど暑かったけど、建物の中はひんやりしていて涼しかったです。
のんちゃんも、元気に歩きまわっていました。





f0094164_1411951.jpg

でも、一歩建物の外へ出るとまたグズグズ。

しゃーない。。帰るか。





f0094164_1433163.jpg

一度ホテルへ戻り、折角バイクを借りたのだからと、
再びバイクに乗りチャウエンロードへ。





f0094164_14343567.jpg

ちょこっとだけ、チャウエンビーチを覗いてみることに・・・。

かびーーーん(死後)
ここの方がホテルの前のビーチよりぜんっぜんキレイ。
後日紹介しますが、ホテル前のビーチはほんとにイマイチなんですよね~。
でも、チャウエンビーチエリアは泊まりたいホテルが無かったから仕方ないかぁ。
毎度のことながらホテルは、立地を重視するか
ホテルそのものを重視するのか悩みますね。

f0094164_14334380.jpg

さてさて、今日のお昼はここ。
チャウエンシーフードセンター内にある名も無い食堂。
前日の夕食があまりにも安かったのですっかりこのエリアが気に入っちゃったのよね。

f0094164_1438231.jpg

あんかけ焼きそばと、タイ風オムレツをオーダーしました。
どっちも普通に美味しいです。
コーラは氷の入ったコップも出てきたのですが、
お腹を壊しそうで恐ろしくて使う気になれず・・・。

でも、ばっちり冷えていましたよ。

カメラを向けるとポーズを撮ってくれたお店のオーナーの子供たち二人。
かわいい~っ。

日本のTVアニメ‘パーマン’を観ていました。

やっぱり日本のアニメはどこに行っても人気なのね。




おまけ

f0094164_21492147.jpg

↑お水の入っているポリバケツ。
水道なんてありません。
もちろん、この旅一番のローカルなお店となりました。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-06-22 13:46 | 旅行記