<< ポンデケージョ どっちにしようかな? >>
染色体検査
f0094164_19532246.jpg


くりりんの、最新のお友達・・・・のつもりでしたが、
1週間もしないうちに、旅立ってしまいました。

よ~く見てください。
お腹の部分にぽっこり穴が空いちゃっています。

‘お友達と仲良くする’という考えは、くりりんには存在しないらしい(^^;)



---------------------------------

昨日の記事で赤ちゃんの性別について書きましたが、
ペガサス娘さんに頂いたコメントで知ったのですが、
‘韓国ではお腹の赤ちゃんの性別を事前に報告しない’
という法律があるそうです。

それは、韓国では男の子の方が喜ばれるため、女の子だと分かると
中絶をしてしまう人がいるからだと、コメントに書いてあったのを見て、
とってもショックだったのですが、
最近私の身近に起きた、私にとっては衝撃的だった出来事と少し似ているな~と
思ったので、ほんとうはここには載せないつもりだったのですが、
やっぱりここに記しておくことにしました。


ここからは興味のある人だけどうぞ。
かなり長いです。





職場の飲み会で、たまたま席が隣になった職場のお話です。

その同僚の奥さんが第二子の誕生を翌月の頭に控えていたので、
彼が私の妊娠を知り、話は自然と妊娠トークになっちゃったんです。

最初は、「うちの奥さん、もう臨月だからお腹パンパンで凄い事になってるよ~。」と
たわいの無い話だったのですが、
私が「来月出産ってことは、そろそろ名前も考えてるんですか?」と聞いたところ、
「男の子の名前が思いつかなくてさ・・・。でもそろそろ本気で考えないと。」
との答え。

私「男の子なんですねっ。」
同僚「うん。。妊娠4ヶ月の頃から分かっていたけど、未だに考えてないよ~。」
私「えっ!? 妊娠4ヶ月って随分早くないですか?」
同僚「染色体検査したから。」

理由は、
万が一、障害を持った子供が生まれてきてしまったら、
親は、子供よりも先に死んでしまうので、一人目の子供に迷惑を掛けてしまうのは
かわいそうだから、調べて異常があったら中絶するつもりだったとか。

一人目の時は、そんなこと考えなかったけど、二人目を考えた時に、
一人目の幸せも考えないと・・・と言っていました。

そして、
「だから、妊娠が分かっても妻と、調べられる時期が来て結果がでるませ、
 あんまり本気で喜んじゃいけないって我慢していたんだっ。」とさらりと続けました。

ご両親にも相談して、その方がいいという結論に至ったから、
ネットでいろいろ調べて一番有名な病院で調べてもらったそうです。

妊娠中に、遺伝子に問題が無いかどうかを調べる事が出来るという事は
うっすら知っていましたが、まさかこんな身近に実際にそれを
体験した人がいるなんて驚きました。

その人に聞いた話だと、
妊娠中に遺伝子異常を調べるには、妊娠4ヶ月前後にお腹に針を刺して
羊水を採るそうです。
間違えて針を赤ちゃんに刺してしまったら、赤ちゃんは死んでしまうし、
その事によって、流産の確立が10%(だったと思います)ほどあがってしまうとか。

もし、染色体異常が分かったところで、妊娠4ヶ月頃だと
中絶可能な時期は、かなりぎりぎり。
「異常が分かったら、迷っている時間もないし、流産の確立があがることを考えても
 かなりのリスクがあるんだよ。それでも調べようと思った。」と言っていました。


来月、第二子を迎える喜びでいっぱいのはずのパパさんの口から、
まさかそんな言葉が出るなんて、もうショックで飲み会どころじゃありませんでした。

でも、その話(鑑定が出来るという事)を初めて聞いた数年前は、
調べて異常があったらどうするだろう??って考えて、
育てていく自信ないかも?とぼんやりと思った事もあります。

だから、そういう考えがあるって事も分かっていますが、
彼と話した6月はちょうど私が妊娠4ヶ月(染色体異常の検査が可能な時期)でした。
病院のエコーで赤ちゃんの手足がばたばた動くのを確認して、
それまで以上に赤ちゃんが可愛くて可愛くてしかたがなくなっていた頃。

今、赤ちゃんを殺してしまうなんて絶対に出来ない。
調べて異常があったら出産まで不安で仕方がないだろうし、
私は、調べなくていい。
そして、結果障害を持った赤ちゃんが生まれてきても、
絶対に後悔しないって思いました。

彼は、きっと私がこんな気持ちで聞いていたとは、知らないと思います。
病院名も、内容も事細かに教えてくれたし、普通にお勧めしている感じでした。
「安心して、出産に望めるよ。」って言ってたし・・・。



ちなみに、中絶を目的として検査する事は禁止されています。

じゃあ、何のために調べるのでしょう??

・自分に先天性異常があるため、子供にも遺伝するのではないかと
  心配しているから
・妊娠初期にレントゲン検査を受けてしまった。あるいは薬を飲んでしまったから
  胎児への影響が心配されるため
・流産を繰り返しているから。高齢出産だから

等々の理由で検査は認められているのですが、
これも中絶を目的としているのでなければ、事前に調べてどうするの?って
思ってしまうのは、自分が↑のような心配がないからだけなのでしょうか?

でも、同僚はそういう理由ではありません。
この検査を受ける人の中にも、同僚のような理由の方もいらっしゃると
思います。


私は、将来二人目を授かる事が出来ても、検査はしません。




 
[PR]
by sweetmangosteen | 2008-08-06 21:19 | ひとりごと
<< ポンデケージョ どっちにしようかな? >>