<< ありえない場所にお雛様 タジンで豚バラともやしの蒸し煮 >>
残りものの筍で炒飯
f0094164_1323251.jpg


今日のお昼は、‘炒飯’でした。

昨夜のメーンはタジン料理だったけど、
副菜の‘筍の土佐煮’が少し残っていたので、炒飯に入れてみたら
めちゃ旨でした。(筍、見えないけど結構入ってます。)

f0094164_14264819.jpg


コリコリした食感と、甘い味がたまりません。
これから、土佐煮を作った翌日は少し残しておいて炒飯にしようと真剣に思ってしまうほど。

味付けは、筍が甘めなのでウエイパーとお醤油に豆板醤を入れました。
ご飯の黄色が濃いのはこのせい。
ちなみに、豆板醤は母のお手製。
ゴルフ友達に韓国人の方がいるのですが、
キムチやカクテキなどの作り方を教えてもらえるんだって。
今は隠居してやってないけど、以前は新宿で焼き肉屋さんをやっていたので、
かなり本格的で美味しいんですよ~。
私も教えてほしい~っ。

炒飯は、予め溶き卵の中にご飯を入れて卵でコーティングしたものをフライパンで炒めています。
今まで、どーやってもべちゃっとしてしまっていたご飯が簡単にパラパラになるので、
まだ試したことの無い方はぜひお試しあれ。
本当に簡単にパラパラになってくれますよ。

コツは、火に掛ける前にしっかりとご飯に卵を絡めておくと失敗が無いです。

って、なんかエラソーですがご飯の量が多すぎたり、
ご飯がしっかり卵と絡んでいなくて私が何度も失敗したので参考までに記しておいたまでです。
[PR]
by sweetmangosteen | 2010-02-08 13:25 | フード
<< ありえない場所にお雛様 タジンで豚バラともやしの蒸し煮 >>